Latest Posts

みんな1人じゃない

今核家族化が進み、子育ては両親だけで行っているという家庭がとても増えています。実家のサポートを受けられない場合も多く、初めての子育てでストレスを感じる人も多いです。育児雑誌などを読んでは、理想の母親と自分を比較して苦しんでしまう人もいます。乳幼児の頃は発達の早さが気になり比較して心配になる人が多いです。特に発達の遅れは、子供との接し方のせいではと自分を責めてしまう人もいます。その他にも激しく泣くなどの癇癪、歩くのが遅い、おしゃべりが遅いなどの悩みを抱える人が多いです。

一人で悩んでしまうと、どうしてもネガティブに考えてしまう人がほとんどです。そしてこのような悩みは私だけだと思い込んでしまいます。子育ての悩みを共有できる場所として活用できるのが子育てサポートです。子育てサポートでは、未就園児の交流の場所を沢山提供しています。同じ月例同士の交流の場にもなり、悩みを相談し合うきっかけになります。またママ同士だけでなく、子育てを経験しているおばあちゃん世代や保育士に相談することもできるでしょう。同じ悩みを共有できるママ友達や子供と接する機会が多い人たちとの交流は、みんな一人じゃなく地域のみんなで一緒に子育てをするという意識が持てます。

 

無理しない環境

子育てには明確な答えがないため、人によって考えが違い、十人十色が相応しい環境です。自分にとっては小さな悩みごとでも、他の人にとっては大きな悩み事として抱え込んでしまう場合もあります。核家族の家庭が多く、子育てについて身近に相談できる人が少ないため、一人で無理をしてしまう人が多いです。子供との生活習慣、食事、しつけ、運動など母親一人で抱え込んでしまうと、うまくいかないときに強いストレスになってしまいます。この強いストレスが育児ノイローゼや虐待などにつながってしまう場合が多いです。

そこで日々の生活を子供と二人で過ごすのではなく、様々な人とふれあい一人で無理して抱え込まないような環境に身を置くことが重要です。その環境を作りとして活用できるのが子育てサポートです。子育てサポートでは子育て広場を運営していて、同じ地域で子育てしているママたちの交流の場となっています。

単に遊ぶだけでなく、発達相談や絵本読み聞かせ、栄養士による離乳食から完全食までの講習会、親子でリズムダンスの講座なども行っています。このような公の場で子供と接する時間を持つことで、一人で無理しすぎない環境を作ることができます。人に悩みを打ち明けるだけでも、気持ちがすっきりして精神的に無理しない環境づくりにつながります。

子育てサポートについて

今子育てに悩む人がとても増えています。昔は拡大家族で、一人の子供に対して両親、おじいちゃんやおばあちゃんなど大人の数が多い生活環境でした。それが今は核家族化が進み、両親だけで子育てをする家庭が増えました。これによって子育てに対する負担がふえて、育児ノイローゼになる人や虐待の事件が増えました。このような状況に陥る前に、子育てサポートなど活用して困った時は周りの人に助けてもらう事が大事です。

子育てサポートはどのような目的で作られているのでしょうか。子育てサポートは厚生労働省が子育て支援事業の一環として行っているものです。ファミリーサポートとも言われ、子供の預かりを希望する側とそれを受け入れる側をそれぞれサポートする事業のことを指します。具体的には、保育施設までの送迎や保育前、保育後のお預かり、保護者の急な予定や病気のなど子供の預かりを受け入れてもらうことができます。受け入れたい側と直接依頼するのではなく、第三者のアドバイザーを通すことでトラブルの回避や指導など行うことができます。

このような事業は各地域で実施されていて、支援センターなどで会員登録を行わなければいけません。子供の預かりの希望者と受け入れたい側の双方の登録が規則になっています。登録後に条件にあった人同士の打ち合わせが必ず行われます。お互いに信頼関係を事前に作りやすく、地域の人たちとの交流なども持つことができます。そのため安心して子育てを行うことができます。