みんな1人じゃない

今核家族化が進み、子育ては両親だけで行っているという家庭がとても増えています。実家のサポートを受けられない場合も多く、初めての子育てでストレスを感じる人も多いです。育児雑誌などを読んでは、理想の母親と自分を比較して苦しんでしまう人もいます。乳幼児の頃は発達の早さが気になり比較して心配になる人が多いです。特に発達の遅れは、子供との接し方のせいではと自分を責めてしまう人もいます。その他にも激しく泣くなどの癇癪、歩くのが遅い、おしゃべりが遅いなどの悩みを抱える人が多いです。

一人で悩んでしまうと、どうしてもネガティブに考えてしまう人がほとんどです。そしてこのような悩みは私だけだと思い込んでしまいます。子育ての悩みを共有できる場所として活用できるのが子育てサポートです。子育てサポートでは、未就園児の交流の場所を沢山提供しています。同じ月例同士の交流の場にもなり、悩みを相談し合うきっかけになります。またママ同士だけでなく、子育てを経験しているおばあちゃん世代や保育士に相談することもできるでしょう。同じ悩みを共有できるママ友達や子供と接する機会が多い人たちとの交流は、みんな一人じゃなく地域のみんなで一緒に子育てをするという意識が持てます。

 

無理しない環境

子育てには明確な答えがないため、人によって考えが違い、十人十色が相応しい環境です。自分にとっては小さな悩みごとでも、他の人にとっては大きな悩み事として抱え込んでしまう場合もあります。核家族の家庭が多く、子育てについて身近に相談できる人が少ないため、一人で無理をしてしまう人が多いです。子供との生活習慣、食事、しつけ、運動など母親一人で抱え込んでしまうと、うまくいかないときに強いストレスになってしまいます。この強いストレスが育児ノイローゼや虐待などにつながってしまう場合が多いです。

そこで日々の生活を子供と二人で過ごすのではなく、様々な人とふれあい一人で無理して抱え込まないような環境に身を置くことが重要です。その環境を作りとして活用できるのが子育てサポートです。子育てサポートでは子育て広場を運営していて、同じ地域で子育てしているママたちの交流の場となっています。

単に遊ぶだけでなく、発達相談や絵本読み聞かせ、栄養士による離乳食から完全食までの講習会、親子でリズムダンスの講座なども行っています。このような公の場で子供と接する時間を持つことで、一人で無理しすぎない環境を作ることができます。人に悩みを打ち明けるだけでも、気持ちがすっきりして精神的に無理しない環境づくりにつながります。