子育てサポートについて

今子育てに悩む人がとても増えています。昔は拡大家族で、一人の子供に対して両親、おじいちゃんやおばあちゃんなど大人の数が多い生活環境でした。それが今は核家族化が進み、両親だけで子育てをする家庭が増えました。これによって子育てに対する負担がふえて、育児ノイローゼになる人や虐待の事件が増えました。このような状況に陥る前に、子育てサポートなど活用して困った時は周りの人に助けてもらう事が大事です。

子育てサポートはどのような目的で作られているのでしょうか。子育てサポートは厚生労働省が子育て支援事業の一環として行っているものです。ファミリーサポートとも言われ、子供の預かりを希望する側とそれを受け入れる側をそれぞれサポートする事業のことを指します。具体的には、保育施設までの送迎や保育前、保育後のお預かり、保護者の急な予定や病気のなど子供の預かりを受け入れてもらうことができます。受け入れたい側と直接依頼するのではなく、第三者のアドバイザーを通すことでトラブルの回避や指導など行うことができます。

このような事業は各地域で実施されていて、支援センターなどで会員登録を行わなければいけません。子供の預かりの希望者と受け入れたい側の双方の登録が規則になっています。登録後に条件にあった人同士の打ち合わせが必ず行われます。お互いに信頼関係を事前に作りやすく、地域の人たちとの交流なども持つことができます。そのため安心して子育てを行うことができます。